思ってたよりおぼれてたみたい

ジャニーズ沼にずぶずぶ。

雑記

ひたすらダラダラ書いたものです。大好きだよテッテケテーって感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017/10/17 21歳のお誕生日おめでとうございました。去年はジャニフワの唯一の休演日と誕生日がかぶっていてなんでまた(笑)と思ったのが昨日のようです。20歳の1年はどうでしたか?充実してた?楽しめた?ジャニフワクリパ24魂クリパ春松竹なぅえすと銀ニ貫エビバックジャム、1月の新成人トリオ(西畑正門朝田)8月のエイトバックメンバー(林毛利朝田)でのラジオ、まいジャニ、雑誌。色々な現場や露出があって、その度に違った表情を見ることができて、毎回笑顔にしてもらいました。

 

もやもやもやもやしてしまうことも無いって言ったら嘘になる。でもそんな事もステージや舞台の上で輝く姿を見れば吹っ飛ぶから不思議だなあ。綺麗な顔も笑うとくしゃっとなる所も狐に似てるのも自分でも言ってる横顔もしなやかなダンスも日本語下手な所もなのにプレゼン上手な所も意外と後輩に対しても面倒見がいいんだろうなって所も自分の気持ちを伝えてくれる所もなんか多分全部好きだからそろそろ結婚してほしい(やめて)

何度妹さんになりたいと思ったことか!何度もどうして私は関ジュじゃないんだろう?って真剣に考えました。ちびジュになって、先輩〜ってぐいぐい行って仲良くしてもらいたかった。そんな願いが叶うことはないけれど、21歳の1年間がやりたい事、叶えたい事に少しでも近づく1年になりますように!たくさんたくさん、姿が観れたらいいなあ。

Må alle dine ønsker gå i opfyldelse. Tillykke med fødselsdagen!

 

Johnny’s Future World 梅田芸術劇場(2016/10/8-10/25 26公演)、X’mas SHOW2016(11/30-12/25 35公演)、24から感謝届けます(2016/12/24,25 2公演)、春のSHOW合戦(2017/3/4-3/28 30公演)、なぅえすと(2017/1/3-5/7 31公演)、銀ニ貫(2017/6/1-6/11 20公演)、A.B.C-Z 5Stars 5Years Tour(2017/7/30 大阪2公演)、関ジャニ'sエンターテインメント ジャム(2017/7/15-9/10 14公演)

ひと夏の話

今年の夏はもう姿を見ることはない、と思っていました。

銀二貫初日の前日、夏松竹のポスターが公開され、姿がないことに愕然としながらもせっせと足を運んだ初外部舞台。本当に、本当に暖かい舞台で心がほっこりする大好きな舞台。その千秋楽。一番年上のお兄さんが夏松竹の宣伝を挨拶中にした時の彼の顔が、どうしても引っかかるものがあって、でも関西Jr.夏の舞台に“出ない”という可能性があるなんて思いませんでした。思いたくなかった。幸か不幸か、今までもポスター不在でも舞台上にはいる子達は沢山いて。今回もそのパターンだと信じていました。

 

Twitter上では関ジャニ∞さんのバックなのではないかという噂もあり、バックにつくなら夏の舞台はどうなるの?出るよね?出るよね?ただひたすらに祈りながら迎えた7/15関ジャム初日。公演後のレポには関西ジャニーズJr.16人の名前。嬉しかった。と同時に不安でもありました。8月の夏の舞台中被っているのは7日間。春松竹の時もWESTの公演が被っている2日間はそっちに行ったけど他の公演は出演してたから、ここまで行くともう意地と思い込みでした。友人の誘いにより偶然行けるようになったエイト大阪公演と被った少年倶楽部in大阪収録。エイトバック組は不在でした。

まさかさーーーーー年に1度のイン大阪にいないと思わないじゃんか!!!!!!!!人って本当にびっくりしたらめちゃくちゃ笑えるんだなって発見した2時間でした。

7/30再び大阪に舞い戻った私。えびはいるかなあ、どうかなあと思ってたらいたから泣いた。ガチ泣きしました。ニコニコ笑顔で踊る姿見たら、本当に本当に幸せで大好きだなあって気づかされました。心の底でこの夏はこれだけかなあとも思ったけど。そして迎えた8/2。流れてくるレポでエイトバック組の不在が判明しました。何度かお邪魔したけど、お兄ちゃん組がごっそりいない分、チビちゃん達が本当にたくましくなっていて。今年の夏の舞台も素敵でした。

それでも私が見たい人はそこにはいなくて。日程的にも場所的にも福岡しか行けなくて、でも譲りはほとんどなくて。もうダメだろうなあと半分諦めていました見たかったけど。それがギリギリになって友人の友人から同行させてもらえるようになり、あっという間に迎えた9/9。アウェーなのかなあとか不安なところもたくさんだったけど、めちゃくちゃ楽しくて。それはもちろん見たい人が出てたって事もあるとは思うんですけど、それを抜きにしてもめちゃくちゃに楽しいコンサートで、エンターテイメントを作り上げているエイト先輩すごいとしみじみと思いました。

あとね、ドームで踊る関西Jr.すごくかっこよかったんです。言葉にできないくらい。かっこよかった。目が離せなかった。大好きだった。ドームのモニターに“Funky8”って表示されて踊ってる姿見れるなんて思ってなかった。非公式だけど。

 

今年の冬は、踊ってる姿たくさん見れるといいなあ。

ひとりごと

私は彼の担当にはならない。Jr.担にはならない。そう決めていた。心底どうでもいいことかもしれない。でも彼を好きになった時からそう思っていた。彼を好きになった夏も、気づけば彼しか見てなかった秋も、彼を見に行った冬も春もそして彼を見れるのか不安しかなかった夏も。

なんで?と言う問いにはたくさんの“だって”で答えた。“だって”彼はJr.で。“だって”大学に通ってて。“だって”どの公演に出るのかすらわからなくて。“だって”いついなくなっちゃうかわからない。“だって”“だって”“だって”。だから今が大事だった。今の、目の前にある、彼が出てる公演が大事で大事でたまらなかった。

とわせいが、先輩たちは真面目って言ってたね。そうなんだろうなあって思うよ。バカみたいに真面目で青春を松竹座に捧げてくれてる。何度だって機会はあって、何度だってきっと迷って、たくさん悔しい思いもしたでしょう?1ファンにはきっと想像もつかないほど。それなのにタイムマシンに乗って過去の自分に険しい道だけど大丈夫?って聞いてもきっとこの道を選ぶ。なんてそんなこと言ってくれる人。真面目じゃなきゃ自分を高めることなんてしないだろうし夢を追いかけることもしないと思う。

銀二貫で得たものを次に繋げたい。そう言ってくれるから応援したいなあって。怖かった。大学3年生で周りが将来を考えるタイミングだからこそその道を選ぶかもしれない。その選択を変えさせることなんて、拒むことなんて私にはできなくて、出来るとしたらその選択をただただ受け入れること。

 

担当 って何なんだろうとふと思うしわからなくなる。デビュー組で1番応援している人もいるけれど、今一番見たいのはそのJr.の彼だ。2人が同時にパフォーマンスするとなったら多分Jr.の彼をみる。

今だって怖い。松竹座の夏の公演には出演しなかった。その代わり他の仕事でたくさん素敵な姿を見せてくれた。冬の発表はまだない。今回もたぶん関西ジャニーズJr.総出演なんでしょう?ポスターが出るまで、舞台の幕が上がるまで誰が出演するのかわからない世界。簡単じゃないからわくわくするね。ドキドキだけれど。今年の冬もあの大好きな大好きな松竹座の舞台に見たい人が立ってくれてますように、そう祈りながら卒業論文を書き進めている。

銀二貫 殴り書きの感想

 f:id:shiiiisoooo:20170604212243j:image

銀二貫初日から4日が経ちました。やっと昨日私的初日を迎え行って来たのですが、いやーーーー、丈ちゃんと龍太くんがすごかった。龍太くんはAnotherのときから思っていたけどやっぱり別格だと思いました。私がオタクじゃなく、この舞台に来てたらジャニーズJr.とは思わないんじゃないかなあ。そして丈くん。外部経験の賜物なのか本人の努力なのか、きっと両方が上手に組み合わさってるんだろうけど、つよい。朗読劇みたいな部分もあってきっとすごく大変なんだろうけど…すごかった。なんかここがこうとかそうとか言いたいけど千秋楽が終わってまとめられるといいなあ。

朝田くんも大橋くんも各々の役をちゃんと受け止めて演じてた。定吉と亀吉だった。朝田くんに盲目になっていいのならめちゃくちゃ和装が似合ってたし1番台詞言うシーンは定吉どんな事思って決断したんだろうって泣きそうになりました。

 

ちょっとでも迷ってる人がいたらぜひ見てほしいです…!!!ほんわかじんわりちょびっとうるっとできるお話で見終わった後心が温かくなること間違いなしですー!まだ松竹の公式チケットサイトから購入できるので!!!

 

春松竹と銀二貫と。

新規がいろいろ面倒くさいことを書いているので無理だと思った瞬間戻ってください…。というかいつの話だよって話です(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3/4から幕が開いた関西ジャニーズJr.春のSHOW合戦。通称春松竹。

非公式のFunky8と呼ばれる括りに所属する彼は、ジャニーズWESTのコンサートバックについていることもあり、出演するのか?出演するにしてもシフト制なのでは?と言われていました。ポスターにはいる。でもシフト訳のメールは来ない。…クリパみたいに本当に全員出演するの…?といった幕が上がるまでわからない緊張感の中、初日二部のチケットを握りしめた私は一部が終わり友人が出てくるのを今か今かと待っていました。
出てきた友人が教えてくれたのは「みんないる。でも…」出演がすごく短いこと。8人の曲はないこと。でも2人の曲があること。あまり出演しない4人がバックに着くのではないかということ。友人が伝えてくれたことと、流れてくるレポを読みながら一緒に入る友達とああでもない、こうでもない、と話していました。
いざ公演が始まると関ジュはみんな可愛いしかっこいいし、何より大好きな彼の姿が見れるし嬉しくて楽しくて。幸せだなあ。松竹座やっぱり好きだなあって思っていました。けれど。ある時から出ない出ない。コントはお腹を抱えて笑ったしチビちゃんは可愛いし楽しいけど、彼は?私が見たかった人はどこ?そんな気持ちになりながら見てたone chance。後ろにスタンバイする2人。曲名聞いても曲を知らなかったのであんなに可愛い曲なんて思いもしなかった。「だいちーと」『じゅんやーと』2人でハートを作ってる姿が天使でした。


楽しかった。人生で初めて入るような席で、ものすごく近くて。それなのに、浮かんできた言葉は“なんで”でした。
なんで、あんなにかっこいいのに。なんで、あんなに踊れて素敵な彼なのに。なんで。なんでなんでなんで。
たかがファンが何でなんて言っても何にも変わらない事なんて100も承知だけど。悔しかった。クリパで歌声が聴けて。今度はコンビで曲があって。嬉しいけど。何でもっと出してくれないの?
もやもやもやもやもやもやもやもやして。
迎えた翌日。当たり前かもしれないけれど双眼鏡の先の彼は笑っていました。楽しそうに踊って歌ってJr.同士で絡んだりファンサしたり。その姿を見て、ああ好きだなあって。心の中なんてわかりません。彼がどんな思いなのか、何を考えてるのか、わかるすべもない。伝えられない限り想像するしか出来ない。でも、大事なのはステージ上でキラキラのパフォーマンスをしてくれることだって思いました。ステージ上で笑って、踊ってくれること。その姿を見ることができること。
春松竹のスパノバ見ても、クリパで踊ってた幻しか見えないし、LOVEも大好きな歌だけどちょっと寂しくなってしまう。
重たいオタクでごめんなさいって思うけど、でもやっぱりもっと見たいんです。だって好きなんだもん。踊ってる姿が、歌声が、表情が、パフォーマンスが。もっとたくさんの人に見て欲しい。見つかって欲しい。こんなにかっこよくて素敵な人がいるんだよって。こんなド新規が何言ってるのって言われたらそれまでだけど。

 

銀二貫はきっとチャンス。舞台経験がある龍太くんがいて、丈くんがいて。そして初外部舞台の大橋くんがいて、朝田くんがいて。どれだけ出番があるのかセリフがあるのかわからないけどチャンスをものにしてほしい。何があるかわからない世界だからこそどうか。

 

括りも大好きです。大好き。でも、私は朝田くんに頑張って欲しい。はっきり言って悔しかった。3人が推されてるのは目に見えてて。でもその下はなんとなく曖昧で、夏は朝田くんだった。イン大阪も悔しい部分もあったけど4番手だった。それで満足してた。そこ3人は推されてるもんねって。でもよく考えたらクリパでHairをやった時点で4人は4人メインだったんです、きっと。スパノバかっこいいやばいって思ってたけど、あれは康ちゃんのメイン曲だった。水の帰る場所も言ってしまえばきっと龍太くんの。
それをまざまざと見せつけられて。悔しかった。だからこそ頑張ってって思った。腐らないで。お願い続けて。見つかって。
括りなんて、グループなんてあってないようなJr.の世界だから、個人戦なんです、やっぱり。デビューしたら括りで推す。だから一人一人頑張って夢掴んで。そして、それが、その時の形がFunky8だったらいいなって思っちゃう私はまだ甘ちゃんなのかもしれないけれど。

たくさんたくさんお仕事が来ますように。お仕事を掴んでいってくれますように。応援はするから。
夢は口に出せば叶うって関西Jr.のエースも言ってた。だから貴方の夢を教えてください。朝田淳弥くんが夢を掴めますように。

 

このまま下書きに保存したまま眠らせようかと思ってた。でも最近のprinceの雑誌での発言とか、それとは対照的なまとくんの新聞でのコメントとかを読んでいろいろいろいろ考えて個人もグループも応援したいって思いました。Jr.は個人戦。わかってます、そんなの。でもそんなことは私より彼らが感じてるはず。

-タイムマシンがあるならどの時代に行って誰に会いたい?

「ジャニーズに入る前の自分に会って、もう1回、こんな道やけどそれでもいい?って聞いてみたい(笑)2度目の決断でもやっぱりこの道を選ぶとは思うんですけど」(STAGEnavi vol.14)

演技をしてみたいと思ってて、話がきたとき素直に嬉しかった、関西Jr.の代表として出させてもらうのでめいっぱい成長できるように、大事な一歩を踏み外さないように、次に繋げられるように頑張りたいって言う彼がかっこよくて大好きです。Jr.でいることなんてきっと大変なことの方が多いはずなのにそれでもまたこの道を選ぶっていう彼を応援したいと改めて思いました。色々な雑誌の露出が増えて、気づけばあと4日で幕が上がります。たまたま入ったクリパの前楽で4人が出てきて銀二貫を発表したあの日からあっという間。席や日を問わなければ松竹から公式でチケットもまだ買えますのでたくさんの人に見てもらえますように。

 

好きな色とメンバーカラーと

お題「この色が好き」

 

何色が好き?これって結構幼い頃から聞かれる質問。色にまつわる1番古い記憶は多分幼稚園の頃。ハートを作る工作をする際に赤かピンクを選ばなくてはいけなかった。なんとなくピンクを選んだらピンクを取ることができなかった子達から『いいもん、ハートはやっぱり赤だよね。』なんとなーく面倒くさかったし、ちょっと傷ついた思い出。そんなことはどうでもいいのだけれど。

小学校中学年から中学生って、ピンクが好きって言い出せない雰囲気があって。ピンク=ぶりっ子みたいな。そんな中、好きな色は次第にピンクから青や水色、白になっていった。高校になると何色がどうと言う風潮は無くなっていったけれど、依然として好きなのは青とか水色とか白。なんとなくピンクに抵抗ができていた。だからピンク大好きって言ってた友達をちょっぴり羨ましく思ったし、そんな子は大抵ピンクが似合ってた。そんな中、大学生になって知念くんを好きになった。彼のメンバーカラーはピンクだった。今まで避けてきたピンク。“ジャニヲタはメンバーカラーを身につけてコンサートに行く”そんなイメージから必死で着れる、似合うピンクを探した。今まで見向きもしなかったピンク。ピンクにもたくさん種類があって、これならと思えるものが見つかった。そして、私の中で何かが解放された気がした。「あ、私ピンク着ていいんだ」って。その夏のコンサートにはたくさんピンクを着ていった。クローゼットにはピンクの洋服が増えた。

 

その次の次の夏、私は別の人を好きになっていた。彼のメンバーカラーは緑。一時期青だったこともあったけど今は緑だった。緑の洋服なんて一着も持っていなくて。探すうちに面倒くさくなっていった。好きなもの着よう。だって向こうからは見えないし。何万人のうちの1人なのに。そうやってメンバーカラーを気にしなくなっていった。

 

Jr.の現場に行くようになってからまた、少しだけメンバーカラーを気にするようになった。ラジオでなんとなく決まったメンバーカラーはデニム色で、この間のラジオでデニム兼水色担当ですと言ってくれたおかげで今度は水色を着て行こうかななんて思うようになった。デニムonデニムなんて高度なオシャレはできないけれど。

ジャニーズを好きになって、普段着ないような色でも着てみようかなって思えるようになった。ただ好きな色は水色と白です。

ジャニヲタの留学

アクセス解析見てると、タイトルに留学って書いてある記事がトップに載っていて、留学する際のヲタ活ってやっぱり気になるものなのだろうなと思ったので、私の経験ですがまとめてみます!ちなみに私は学校の交換留学で留学した人間なので、大学4年間留学だったり、ワーホリだったり、語学留学だったりでまた変わるかもしれないのでご注意ください…。

 

・ジャニヲタをできるか否か

答えはできる、だと思います。というか私は留学中に関西沼に堕ちた人間ですし、友人達に聞いても留学中に新たな沼にはまったり、また、ヲタクになったりしている人は多いようです。

理由としては、日本にいる時より時間が増えるというのが1つあるかと思います。学校に行ってバイトして課題してサークルして学生団体に参加して…となんだかんだ忙しい日常を送っている日本での生活に対して、海外の大学は1セメスターでの取得単位が少なく(その分1つ1つの授業が重たいです。予習復習必須で学期末のテスト、レポートが大変)、またバイトもできなかったため比較的時間に余裕がある生活を送っていました。そして冬のヨーロッパは寒いし日が出ている時間が短いしでお家にこもる日が多かったかなあ。また、“祝日”ともなるとお店も全部しまったり友達みんな旅行に行ったりでやることないという日も多々ありました。

あとは、言語の壁にぶち当たったり、ディスカッションでくじけたり、学期末のながーいレポートを書いたりしていると心が折れてくるのですが、そんな時に助けてくれるのがそう、ジャニーズ。キラキラの笑顔を見せてくれる彼らを見ていたら、さあ頑張ろうって思えました。

 

 

・日々の露出

SNSとインターネットが発達したこの時代。雑誌も番組もラジオも基本的に確認できます(良くないことなのは重々承知していますが…)。更に、留学期間にもよりますが日本に帰ってからバックナンバーお取り寄せもできれば、日本の通販サイトで雑誌を購入して日本のお家に送ることだって可能です。

番組だってどうしても残しておきたいものは家族や友人にお願いして録画しておいてもらうこともダビングしておいてもらうこともできます。mp4にして送ってもらうという手もあります。文明の発達のおかげです、ありがとう技術。

新曲だってネットで購入しておけるし(聴けるのは帰国後ですが)、なんなら家族や友人にmp3にして送ってもらうこともできるかと。(友達が言ってくれたけれど、手間をかけさせたくなくて大丈夫だよ、って断りました)

 

・できないこと

カラオケはありません。他の地域はわからないけれど、私がいたヨーロッパはありませんでした。お家で動画見ながら楽しく歌っていました(笑)

現場はいけません。これは本当にどのくらいの期間の留学なのか、どれだけお金があるのかになると思うのですが半年~1年程度の交換留学の場合、おそらく日本に一時帰国する人は少ないかと思うのでその期間のイベント、コンサート関係は厳しいと思います。ただ、時差の関係で起きたらコンサートレポがまわっていて目覚めがよくなった経験は多々ありました(笑)

 

このくらいですかね…。留学中に苦しかったのはコンサートに行けないことぐらいで他は日本と変わらない程度には楽しんでいました。そして何より海外で学ぶってなかなかないと思うのでその貴重な経験を楽しんでほしいなと思います!これから留学される皆様が素敵な経験と、快適なジャニヲタ生活をできることを祈っています。